2010年10月19日

オープンアクセス:私の視点 文学部 土屋俊教授

オープンアクセスウィーク連動インタビュー

オープンアクセスウィーク(Open Access Week: OAW)は,学術研究成果のオープンアクセス化推進を目的としたイベントで,アメリカのSPARCが主催し世界中で展開されています。
4回目の今年は10月18〜24日で,日本でも大学や研究機関で関連イベントが開催されます。

SPARCのOAWサイトで公開されている研究者のビデオメッセージに,千葉大学文学部の土屋俊教授が参加されています。
ポッドキャスト@千葉大では,そのビデオメッセージの日本語音声をお届けします。動画では日本語,英語バージョンをご覧ください。


音声 [サイズ 3.1MB 時間 3:19]

tutiyaOAW.jpg 動画(日本語) [サイズ 9.7MB 時間 3:23]

tutiyaOAW.jpg 動画(英語) [サイズ 7.0MB 時間 2:30]
↑↑↑ 動画を見るには画像をクリックしてください


SPARCのOpen Access Week 2010 Video Messageのサイトはこちら。
http://openaccessweek.org/video/video

デジタルリポジトリ連合(DRF)のOpenAccessWeek 2010サイトでは他の大学などのイベントがご覧いただけます。
http://drf.lib.hokudai.ac.jp/drf/index.php?OAWeek%202010


情報への"オープンアクセス"とは,無料で,すぐに,オンラインで学術研究成果を知ることができること,そしてその成果を必要に応じて利用できることです。
Unlock and Open 鍵はあなたの手に。
千葉大学学術成果リポジトリ(CURATOR)は,学術研究の自由な共有を支援します。
http://mitizane.ll.chiba-u.jp/curator/

posted by 千葉大学附属図書館 at 11:54| 展示 & イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。